看板の情報をお届けします

看板についてタイトル
シールや材料だけ?
看板の金額って業者?
激安看板って大丈夫なの?
見積り書通りの材料?
看板は役所へ申請?
看板の許可は更新?
車に看板シール?

看板Q&A2

 

シールや材料だけでも分けてくれないですか?

メーカーで購入する場合は大量に発注することが多いので、そういった看板屋に問い合わせして分けてもらうように相談すると良いでしょう。
そういった場合、使用する目的などを教えたら色々と材料の種類を選別して分けてもらえるでしょう。

 

看板の金額って業者ごとになぜ違うのか?

見積り金額の場合は基本的に諸経費や製作人件費、設置人件費、材料、運搬送料などで分けているのですが、見積り書の場合、材料のメーカー名・材料の質・人工数などがキチンと明記されているかが重要で、適当にまとめて出てくるので金額の内訳がわからなくなってしまうのです。
複数の業者に必ず見積りを取って内容を確認する事が一番大事です。

 

激安看板って大丈夫なの?

基本的に大丈夫だと思います。
しかし、上記のようにお見積りの段階でキチンとした材料を使用しているのかが問題です。
どんなに激安看板が出来たと喜んでも2年や3年後に退色や劣化してしまうと返って高くついてしまうこともあるので気をつけましょう。

 

見積り書通りの材料でちゃんと出来ているか分からない?

少し時間が掛かってしまうのですが、看板を作ってくれた業者に材料の出荷証明を見せてくれないか話をしてください。
その証明書と見積り書を比較して確認してから看板を作成する工程手順の写真や看板内部の写真などを撮って置いてもらって後で確認できるようにしておいて下さい。

 

看板は役所へ申請しなくちゃいけないの?

看板を作ってつけるときに建物から飛び出しているものや道路を占有している看板などといったものとき、道路法や道路交通法などといった規定に基づいて道路の使用許可を取らないといけない義務があるのです。
看板の高さが4m以上のものは構造物としての扱いになるので構造計算書類と図面を提出し、看板の設置前には許可を取ることと申請手数料を支払わないといけない義務があるのです。そういった手続きは業者にお任せしても良いでしょう。

 

看板の許可は更新しないとダメのなのか?

許可を更新しないとダメなので上記の内容に該当する場合は、許可期間満了後も引き続き看板を掲示するときは安全性や美観風致の適合性を点検し、その結果を添えて、許可満了の10日前までに継続許可申請を行う必要があります。
もし、継続許可申請を行わない場合は看板を撤去して撤去したことを届出しないといけません。
しかし、地域によって条例が異なる場合があるので、各屋外広告物の担当窓口まで確認するようにして下さい。

 

車に看板シールを貼っても、めくれてこない?

大丈夫です。
車輌のワックスなどを綺麗に除去し、車輌に適した専用シールだとめくれる心配はいりません。

 

金・銀・メタリックの文字はできないの?

出来ます。
最近は様々な種類のシートが発売されていて何色もの色数があり、小さな文字も印字することができたりできるので、白や金、銀、メタリックなどの特色ができます。

 

トタンの看板は長持ちするの?

トタンの看板はあまり長持ちしません。
しかし、垂木材に防護材を漬け込んでおくと木材は結構長持ちするし、防腐剤もオイル系の安い物を使用すると返ってトタン自体の塗装を痛めて腐食させてしまいます。
他の材料を侵さない防護材はオスモカラー・キシラデコール・ウッドロングエコなどがあります。

 

注目サイト

ヴァシュロン、コンスタンタン、オーバーシーズの高価買取

Last update:2017/9/29